もうWEBデザイナーいらない...?!nicepageをつかってみた!

デザインの参考にPinterestを閲覧していると偶然たどり着いた「nicepage」という海外のサービス。日本語の記事がほとんどなくて正体不明!
でもめちゃくちゃおしゃれなテンプレートがたくさん揃ってる!
https://nicepage.com/templates
これが無料でも作れちゃうとのことなので、早速使ってみました!


nicepageの無料登録から使い方


nicepageのホームページ画面。右上のボタンよりサインイン。

 

 


様々なプラットフォームで使用することができるようです。wordpressのプラグインもありました。今回は「オンラインエディター」を選択。

 

 


登録画面。Emailとパスワードを入力してアカウント作成。もちろん無料です!

 

 


入力が終わるとエディター画面が移動。始めにチュートリアルを動画で見ることができます(僕は英語読めないのでスキップ)

 

 


ページ作成画面。いろいろな方法で作成することができるようです。
「Designs from Community」から、あらかじめ出来上がったテンプレートデザインを選んで作成することもできます。
今回は「Page Builder」で作成。

 

 


そうすると、ページに使用する写真を投稿する画面が移動。任意に好きな画像を使うことができます。
今回は、Shutterstockからコーポレートサイトをイメージに素材写真を使用。
※この時は素材画像を10枚選択しました。

 

 


すると一瞬で先ほど選んだ写真を使ったデザインが表示されます!しかも自動でいい感じにレイアウトしてくれる!どうなってんだよ?!すげー!

 

自分の理想のデザインが見つかるまで、様々なレイアウト表示してくれます。ここで選んでるだけでもめちゃくちゃ楽しい!

 

 


好きなレイアウトで絞ることもできます!

 

 


いいなと思ったデザインが見つかったら選択。

 

 


するとエディター画面に移動して、テキストや画像、ボタンなどレイアウトを細かく変更できます。
マージンの設定やカラーやサイズなど自由に変更できました。

 

 


セクション毎に分かれているので、画面左からヘッダーやフッターなどレイアウトも自由に変更することが可能です。
※星マークがついてるものは有料で使うことができます。

 

 


プレビューボタンで様々なデバイスでの表示確認することもできます。レスポンシブデザインになっていて、モバイルにも自動で対応!
これ普通に作ったらめちゃめちゃ大変なんやで、、、

 

 


ページが完成したら、「Pubish and Preview」で公開できます。

 

 


nicepageのサブドメインを使って公開。サブドメインは自由に変更できます。
※有料にすることで任意のドメインでも公開できます。

 

 


公開できたので、先ほど作ったページを実際のブラウザでみてみましょう!

 

 


実際に作ったサイトがこちら
https://website25180.nicepage.io/

 

本当にできてるー!びっくりするぐらい簡単でこのクオリティ、、、コーディングもしてないんやで(◉ɷ◉ )
※サンプルで作成したので画像にウォーターマークが入ったままですが、画像を購入することで実際に使用できます。

 

 


ちなみに、デスクトップ版ではHTMLなどでエクスポートも可能でした。
もうここまで出来たらWEBデザイナーの立場は、、、

 

無料版では機能が一部制限されていますが、月$9(約974円)から有料にすることで、さらに使えるテンプレートや便利な機能を使うことができます。

 

 

もちろん無料版でも十分テンプレートが豊富でHTMLなどの専門的な知識がなくても、おしゃれなホームページが一瞬で作成できます。

 

SEOなど細かくチューニングも出来たら、自分然りもの凄い人数のWEBデザイナーの職を失うのでは、、、?!

 

ただし、ソースコードの複雑になったり、HTML5チェックではエラーが多く表示されるなど実務で使用するのはなかなか難しいですが、デザインの参考などで使用してみてはいかがでしょうか。
現在は海外版のみですが、気になった方は是非使ってみてください~